本文へ移動

代表メッセージ

ご応募頂くみなさまへ

ホームページをご覧の皆様、はじめましてこんにちは。弊社の求人ホームページへようこそお越し下さいました。改めましてグローバルシェア株式会社 代表取締役の三宅秀一郎です。

弊社は、建機リース会社様に特化した自走回送業務と軽貨物輸送業務の2つ
を主軸事業とし、東日本大震災の発生から3年後となる2014年9月に起業しました。創業当時の事務所の地代家賃は僅か3万円、パートの女性1人と私の2人での船出。業界知識も皆無、右も左も全く分からず手探り中、被災地である福島県始め東北全域の復興復旧に携わる仕事がしたい、その一心だけを抱き第一歩を踏み出しました。初月の請求額は僅か8,500円、1台だけの回送依頼でした。この事は今でも鮮明に覚えていますし、その請求書も今なお大切に保管しています。創業以来、目の前の頂いたお仕事1本1本に真摯に向き合い無我夢中でこの仕事に一心不乱に取り組んで参りました。お陰様で現在では多くの取引先様また想いを共有する多くのドライバー仲間に恵まれ東北地方を中心に北は北海道から南は九州沖縄まで幅広く受注を頂くまでに成長する事が出来ました。この場をお借りし関係者皆様に深く感謝御礼申し上げる次第です。誠にありがとうございます。

自走回送業務とは、お客様からお預かりした各種建機車両を自らが運転し、ご依頼のあった場所までお届けするサービスです。また軽貨物輸送業務については各種建設備品類を営業所からお客様のご指定の場所へ納品引上げするサービスです。

私は16歳で高校を自主退学し社会に出ました。その後、左官業、大手通信カラオケメーカーJOY・SOUNDのトップセールスを経て、若干22歳で自ら起業し、以来、あらゆる事業を立ち上げ多くの失敗・成功を数多く経験しながら、今日まで歩んで参りました。その後、皆様ご承知の通り2011年3月11日、14時46分に突如発生した未曾有の『東日本大震災』を実家のある福島県郡山市で妹と2人、この世の終わりかと思う程の大地震を経験致しました。その後の被災地、郡山市内、福島県内各所を始め岩手、宮城と実際に見て回った光景はまさに地獄絵図そのものでした。一瞬で破壊された地元、郡山市内や県内、そして東北全域の復興復旧関連事業に携わりたいと日に日に強く思う様になり、この事業を立ち上げるに至りました。

現在、あの時の決断から始まった本事業も、創業ドライバー始め、各クライアント企業様からの信頼を地道に積み重ねた結果、お蔭様をもちまして、今では東北、北関東、甲信越、関東、東海、中部地方を中心に、社員・ドライバー含め総勢250名を超す規模にまで成長し、今尚、順調に事業拡大を推進しております。私が目指す所は企業理念・回送理念に沿い着実に実績を積み重ね、お客様の期待を常に超え続け、自走回送業界のリーディングカンパニーとなる事です。これは創業時に私自身が描いた明確な目標です。それ以来、その目標の為に、執念の日々の中、今日まで歩んできました。あらゆる閃きもその執念から生まれたものばかりです。突然ですが、皆さんに1つ問いかけたい事があります。それはお金があれば幸せですか?お金だけが人生全ての物差しなのか?という事です。綺麗ごとと言う人も沢山いる事も重々承知していますが、私は決してそうとは思いません。この世にある唯一無二の『絶対』とは、産声を上げた瞬間から全ての人々が死に向かいカウントダウンをしていく事だけだと私は思うのです。誰もにいずれ訪れる老い。そうなればこれまで関わった人達が多かれ少なかれ自然と去って行くものです。そんな結末はあまりに寂しいと、私は真剣にそう思い考えているのです。人生は結果、それは貴方の人生の終着駅が何処にあるのか?を意味しています。確かにお金は生きて行く上での重要なツールであり決して否定は致しません。21世紀、令和の時代を生きる私達はただただ『普通』に生き、暮らす事が困難な時代の中を生きているのかも知れません。私が理想とする『普通』にこの仕事を通して8年間挑戦し続けて来ました。今尚そうです。具体的には平均出来高月額444,444円つまり平均出来高500万円への挑戦です。この実現の為に、これからもあらゆる事に果敢に挑戦をして行きたいと思っています。今日まで苦楽を共にしてきた、そしてこれからもして行くであろう多くの仲間達と『Gビレッジ』の中で日々笑顔に囲まれ皆がそれぞれに過ごし、人生終焉の一時を1人1人がこれまでの自分自身の過去の人生とシェイクハンド(これで良かったと握手)し迎える。これが私の描く最終ビジョンです。
夢や想いを共有し現在、日夜、共に走ってくれている多くの仲間達に囲まれた3年、5年、7年、10年、15年、20年後の近・中未来を常に描き走っています。

その為には『想い』を共有する多くの仲間達の存在が必要不可欠です。

弊社は自走回送業界で全国トップシェアになる事を目指し、全国各地津々浦々に隠れた困った声を拾うべく5,000名のサービスドライバーの配置と共に明確なビジョン、ロードマップの下、日々邁進しております。

私共が運ぶのは『日本のインフラ』です。建設業は我が国を代表する基幹産業であり、国土・地域開発を推進する重要な産業として位置付けられ、その社会的意義は極めて大きなものがあります。そんな中、建機リース会社様は、建設業に求められる時代のニーズを的確に踏まえながら、日々先行投資を行い、新技術の開発、また地域地域に営業拠点を設け、地域振興はもとより復興・復旧事業始め各地の地域開発、国土開発事業に取り組む大手ゼネコン各社様・地域建設土木建設会社様の下支えを日夜懸命に担っておられます。

私共は、そんな各クライアント企業様の日々の『困ったの声』にとことん即応する事で存在意義をいかんなく発揮し、インフラ整備に関わる建設周辺機材や建機車両を所間移動始め現場まで、安全確実かつスピーディーに今日までお届けして参りました。今後共、地元、福島県内外を始め東北の復興復旧は下より、全国各地の地域社会、日本の国土開発発展に積極的に関わり貢献していく所存です。

只今、この採用ページをご覧いただいております皆様、誠にありがとうございます。是非、弊社の一員となり、多くの仲間達と共に社会的意義のある『志事』に『本気』で取り組んで見ませんか?『自分で決める』『やり続ける』『楽しくなる』『クライアント様や仲間達がほっとかない』この4つのキーワードが、私が考える『本気の定義』です。『一生懸命取り組む』と『本気で取り組む』では時間軸が経てば経つ程、大
きな開きとなって跳ね返って来ます。年齢、性別、学歴、経験など、一切関係ありません。大切なのは『過去』ではなく、これから先の『未来』です。本気になりたければ、本気の人といる事。前向きになりたければ、前向きの人といる事。夢を持ちたければ、夢を持っている人といる事。夢を叶えたければ、夢を叶えた人といる事。中途半端に取り組めば、辛い結果が返って来る事を、私達は過去の経験から知り得ています。弊社は、志を同じくする多くの仲間達と共に業界のリーディングカンパニーとなります。関わる1人1人全員が『本気でやる』と決断(決めて断つ事)し、心から燃え、自身に与えられた日々の役割を、真剣かつ本気で果たせば、必ず実現でき、皆で豊かになれると信じています。

被災地『福島県郡山市の地から社名の通り広く業界市場の占有率を高め全国業務品質No1へ…』このキャッチフレーズの下、積極的に営業展開を図り、弊社全役員・全社
員・全スタッフ・全サービスドライバー・更には関わるご家族皆々様から支持される企業体を必ず創り上げて参ります。人生はたった一度だけ、後戻りは出来ません。充実の日々を、楽しき日々を、今後の未来を私共と一緒に創り上げて見ませんか?素人だからこそ飛躍できるのです。また孤独な者はもっとも強いのです。

長文となりましたが、弊社の『想い』に共感出来る方は性別、学歴、経験等一切関係なく、自分自身を信じ、多少の勇気を持って、是非、弊社の門を叩いて欲しいのです。必要なのは貴方の『本気さ』ただ一点それだけです。『豊かな未来を自らの手で勝ち取りたい』と、そう思う皆様を歓迎し、最大限サポート致す事をここにお約束致します。長引くコロナ禍で、身も心も疲弊している方も大勢いる事でしょう。しかし現状を悲観し決して下を向かないで頂きたいと願っています。貴方にも大切なご家族がいる事でしょう。何よりあなた自身が大切な存在なのだと気付いて下さい。残されたご自身の人生を決して
諦めないで下さい。人は唯一、人との出会いで変わります。私は政治家ではありません。従って日本国民を豊かに導く事は決して出来ませんが、少なくとも弊社に関わる皆々様を経済的にも精神的にも豊かにする企業体を創る事は出来ると、そう確信しています。私自身2010年5月23日16時46分、実母の心の病、うつ病から突然の自殺による死で心身共に疲弊し、更に翌年の3月11日の東日本大震災でどん底に突き落とされた辛く苦い過去があります。そこから、無一文、誰からも金銭的支援を一切受けず、この仕事に出逢い、いつしか本気の志事に変わり、以来、想いと行動の2つだけで変われたのです。皆様も心から感じ想えば貴方の想い描いた通りに必ず変われます。貴方の想い感じた通りにです。末尾となりますが、このメッセージから多少なりとも感じるものがあったなら、是非、勇気を持って自ら行動を起こし、直接、私に会いに来て、貴方の本気の想いや情熱をぶつけて下さい。良くも悪くも変われるのは、この世で人間だけです。まだ見ぬ全国津々浦々の皆様方との良縁を心から楽しみにしております。『人間には無限の可能性があり、いくつからでも立ち上がれる』を結びの言葉と致します。

最後までお付き合い下さり誠にありがとうございました。

グローバルシェア株式会社
代表取締役CEO 三宅 秀一郎
※海外支店等に勤務している従業員については除外しています。